iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

『iOS14は近年まれにみる不評… スマホ堂福山駅前店』

2020/09/19

こんにちは!

iPhone修理とケース販売のスマホ堂福山駅前店』スタッフHです。

注文していたiPhoneSEが届いたので、休憩の合間にデータ移行を行いました。

大きさはiPhone7/8と全く一緒で、違和感無く、手に馴染みますね(笑)

外観で判断するなら、背面部分のリンゴマークの位置です。

iPhoneSEはちょうど中央部分にリンゴのマークがあり、iPhone7/8はリンゴマークの下に『iPhone』の大きな刻印があります。

なので、画面側から見て判断するのは不可能です…ほぼ山勘で当てに行かないと。

 

さて今日は、先日リリースされたばかりのiOS14から採用された新機能や不具合についてあげていこうと思っていたら

予想以上に不具合の報告数が多く、現段階ではiOS14へのアップデートはしない方が良い。という判断に至っています。

ここまで不具合が多いOSシリーズは近年ありませんでしたが、

OSシリーズが13から14へ上がるように、新しいモデルへ移行すると必ず大きな不具合が出てきているのは、このシリーズに始まったことではありません。

 

数年前、ある文字を入力してしまうと端末がクラッシュする問題がありました。

その文字自体は日本で絶対に使う機会が無い言語だったので、症状が出る端末はそれほど多くはありませんでしたが

興味本位で文字を入力してしまい、本当に端末が死んでしまったユーザーもいたとかいなかったとか…

 

Apple自体、セキュリティーに関してはスマホ業界で1番と言えるぐらいうるさい会社です。

最新のOSをリリースする前には、抜かりが無いよう自社チェックをしていると思いますが、やはり新しい機能が加わるとその代償が付いて来ます。

では、どうすれば不具合になる確率を減らすことが出来るのか?気になりますよね?

 

新OSがリリースされた後、あら捜しと言うか、不具合を発見する専門の人達が問題点を一斉に探し始めます。

問題点を発見することでAppleから報奨金を貰えるそうなので、そりゃ全力で探しますよね。

そうした人たちのおかげで、リリーズされてから最短2日ほどで問題点がネットへ掲示され始めます。

 

なので、私たちが新しいOSへアップデートする最適の時期は、リリース後1,2週間後がおススメです。

1週間もすれば大体の問題点はAppleへ報告され、改善が必要な個所があれば、応急のOSリリースも発表されますからね。

OS自体、必ずアップデートしなくてはいけないことはありませんが、

あまりにも古いOSから最新のものへアップデートされると、端末が新しい機能へ付いて行けず、起動不良などの障害を負ってしまう可能性もあります。

リンゴループなどが良い例ですね。

 

それと、

今回のOSとは関係のないことだと思いますが、取引のある栃木の修理屋からこんな症状の報告をいただきました…

《水没歴や修理歴のないiPhoneXシリーズが急にシャットダウンしてしまい、そのまま復旧しない》

その修理屋さんでは、先週の土曜から急にそういった症状の端末が持ち込まれ始めたそうで、症状を発症してしまうモデルはiPhoneX、XS、XR、XSmaxの

4シリーズだけだそうです?

バッテリーや画面を交換してみたそうですが、結局、どの端末も復旧することが無かったそうです。

原因も分からず、修理方法も見つかっていない…

今の時点で言えることは、小まめなデータの保存を行いながら端末が壊れたら機種変更などで対応する。

事しか言えませんね。

 

 

アーカイブ
カテゴリー一覧

switch修理

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP