iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

SIMフリーって何?メリット、デメリットや使用する方法は?

2020/04/24

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

最近ではすっかり定着した「SIMフリー」という単語ですが、一体どういうものなのか詳しく知っているかと言われると、実は知らないことが多いのではないでしょうか?

 

通常、「SIMフリー」という言葉が使われていたら、端末のことを指します。

 

SIMフリーの端末は、どの大手携帯電話会社のSIMカードでも使えるようになったというイメージが強いかもしれませんが、実は端末とSIMカードの関係は結構複雑です。

 

今回はSIMフリーのメリットとデメリット、そして使用する時に気をつけたいポイントをご紹介します。

SIMフリーとは?

SIMフリーとは?

SIMフリーとは、SIMロックがされていないスマートフォンを指します。

 

SIMフリーの端末は2種類あり、1つは大手携帯電話会社が販売しSIMロックがかかっていたものを解除した端末、もう1つは最初からSIMフリーの状態で発売されている端末です。

 

SIMロックとは、特定の携帯電話会社での利用に限定された状態のことを指します。

 

例えば、ドコモで購入した端末はドコモのSIMカードしか使えないようにSIMロックされているので、他社のSIMカードを挿しても使うことができません。

 

SIMロック解除をし、端末をSIMフリー化してしまえば、好きな携帯電話会社のSIMカードを挿入して使用できます。

 

そもそも2015年以前の大手携帯電話会社が販売するスマートフォンは、基本的に購入した携帯電話会社のSIMカードしか使用できないようにSIMロックがされており、SIMロック解除ができないようになっていました。

 

そのため、同じスマートフォンでも、携帯電話会社を変えることが難しい時代でした。

 

白ロムと呼ばれるSIMカードが挿入されていない状態の中古スマートフォンも、携帯電話会社ごとに分別されていました。

 

しかし、ユーザビリティや消費者の選択の権利といった観点から総務省は、2015/5/1以降、特定の携帯電話会社で購入したスマートフォンでも他社携帯電話会社でも使えるようにSIMロックの解除を義務化しました。

 

新たに販売されるスマートフォンは一定期間後にSIMロックを解除できるようになっています。

 

もっとも、すべての端末がいきなりSIMロック解除できるわけではなく、技術的に困難な端末は除外されます。

 

また端末取得のためだけに契約する行為などを防ぐために、一定期間SIMロックの解除に応じないということも認められています。

 

これとは別に、最初からSIMロックがされていない状態で販売されている、SIMフリー端末が存在します。

大手携帯電話会社を通さず、家電量販店や通信販売で購入できる端末や、MVNO各社が販売している端末で、SIMロックがないため、どの回線のSIMでも最初から自由に使用することができます。

 

主に中国や台湾などのアジアメーカーを中心に世界の端末メーカーが、格安端末からハイエンドモデル端末までさまざまな種類の端末を発売していますが、端末によっては受信できない帯域の電波があるため、購入時に自分が使いたいSIMが使える端末かよく調べておく必要があります。

格安SIMも使える

SIMフリーのスマートフォンであれば、格安SIMのSIMカードを挿入して、大手携帯電話会社よりも安くスマートフォンを使うことができます。

 

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクの3社のいずれかから回線を借り、安くサービスを提供しているMVNO(格安SIMを提供している携帯電話会社)です。

 

基本的に格安SIMを使用する時はSIMフリーのスマートフォンである場合が多いです。

SIMフリーのメリット、デメリット

SIMフリーのメリット、デメリット

では、SIMフリーの具体的なメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか。

SIMフリーのメリット

大きなメリットは、さまざまな携帯電話会社のいろいろなプランを契約できることです。

 

自分のライフスタイルや使用目的に合わせて、幅広い選択肢から最適なものを選ぶことができるため、費用を抑えるだけでなくプランを無駄なく使える魅力があります。

 

例えば、通話はあまりせず基本的にLINEやTwitter、FacebookなどのSNSを使う人なら、LINEモバイルなどが提供している「主要SNSのデータ通信がカウントされない機能」を使用すれば、大容量プランがある携帯電話会社のプランを選ぶ必要がなくなるかもしれません。

 

また、海外のSIMカードも利用できますので、海外旅行に行った際は高額になる国際ローミングやポケットWi-Fiを使用しなくても、普段と同じようにスマートフォンを使用できます。

 

格安SIMも料金プランが多く、契約期間の縛りがないものもありますので、選択肢はとても広くなります。

SIMフリーのデメリット

端末によっては対応していない回線もあります。

 

繋がりはするが思ったより速度が出ないなど、SIMフリー端末と格安SIMの相性なども考える必要があるので、事前に端末が契約しようと思っている格安SIMできちんと動作するか確認をしてください。

SIMフリーのスマホを手に入れるには

SIMフリーのスマホを手に入れるには

大手携帯電話会社で購入したスマートフォンのSIMロック解除をする

大手携帯電話会社で購入したスマートフォンは、ウェブや店舗で手続きをすることでSIMロック解除ができ、SIMフリー化することができます。

 

ただし、契約の解除から一定期間以内(100日以内など)でないと解除ができないことがありますので、乗り換えを行う時は必ず確認してください。

なおSIMロックが解除されているかは下記の方法で確認できます。

 

異なる回線のSIMカードを持っている場合は、SIMカードを挿入して認識されるか確認する方法です。既に新しい回線を契約している場合はSIMカードを直接挿し込むのが一番早い確認方法です。

 

Androidの場合は、設定画面で確認ができます。

端末により項目名などが異なりますが、設定の「端末情報」の「SIMロック状態」をご確認ください。

 

ソフトバンクで購入した端末であれば、直接確認することができます。

ウェブサイトで問い合わせをするか、直接店舗で聞くことも可能です。

SIMフリースマートフォンを購入する

SIMフリーとして販売されているスマートフォンは、家電量販店やMVNO(格安SIM会社)のサイト、もちろんLINEモバイルでも購入できます。

 

また、Amazonなどのネット通販、SIMフリー端末を発売しているメーカーサイトでも購入可能です。

 

現在はアジアメーカーを中心に多彩なSIMフリースマートフォンが発売されており、非常に高いスペックを持ったハイエンドモデルから、手頃な価格で使えるミドルレンジモデルまで、魅力的な端末がラインアップされています。

 

最近では、大手携帯電話会社で発売されているスマートフォンもSIMフリー版を発売するメーカーが増えているので、格安SIMで最新のスマートフォンを使用することもできるようになってきています。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP