iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhoneの近接センサーがおかしい…故障かも?まずは確認しよう

2020/04/24

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

電話中に突然通話が切れてしまうことや、iPhone使用中に電源を消してないのに画面が真っ暗になったというような経験はありませんか?

もしかしたら、それらの症状は、iPhoneの近接センサーが故障していることが原因で起こっているかもしれません。今回は近接センサーという部品の説明から、故障時の症状、そして対処法まで一挙にご紹介します。

不具合の原因が近接センサーであるのかという確認方法も紹介しているので、ぜひご参考ください。

iPhoneの「近接センサー」って何?

iPhoneの近接センサーとはiPhone前画面側の上部の中央についている、小さくて丸い穴のことです。このセンサーは、通話時に必要なセンサーです。

通話時は画面に耳をつけてスピーカーから音を聞きますが、そのときに頬で画面を誤タッチしないためにあるのがこの近接センサーです。近接センサーがふさがれたことを感知すると、自動で画面が黒くなり誤タッチを防ぎます。

iPhoneのホームボタンの交換方法

近接センサーが故障するとどんな症状が起こる?

iPhoneの近接センサーが故障すると、どんな症状が起こるのでしょうか。たとえば、通話中でもないのに、画面が暗くなってしまうことがあります。普通にiPhoneを使いたいのに、突然暗くなって操作ができなくなってしまっては不便ですよね。

また通話中に画面が暗くならず突然通話がストップしてしまったり、スピーカーモードになってしまったりなど、通話時に支障をきたす場合もあります。そもそも、近接センサーが故障してしまう原因は何でしょうか。

・センサーが汚れている
センサーの周りが汚れているせいで、センサーの反応が阻害されている場合があります。汚れをきちんとふき取ってみましょう。

・フィルムが邪魔をしている
画面保護や装飾のために貼ったフィルムが、センサーの邪魔をしていることが考えられます。一度フィルムを取り外し、もう一度動作がおかしくないか確認をしてみましょう。

・画面が割れている
近接センサーは、画面が割れると故障してしまうことが多い部品です。画面が割れていて、近接センサーが機能しない場合は、画面割れが原因である可能性が高そうです。

故障しているかも…まずは確認してみよう

近接センサーの故障は、症状だけではわかりにくいです。だからこそ、近接センサーが故障しているかどうかの確認作業が大切になってきます。ここでは、iPhoneの近接センサーが故障しているかどうかの確認方法についてご紹介します。

・電話をかけてみる
時報や仲のよい友人など、実験台として電話をかけても大丈夫な相手に電話をかけます。そして近接センサーを手でふさぎ、画面が暗くならない場合は故障していることになります。

・ボイスメモを使った確認方法
iPhoneのモデルによっては、iPhoneの標準アプリであるボイスメモを使うことで、近接センサーの故障を確認できるものもあります。まずはボイスメモを立ち上げ、適当に音声を録音しましょう。録音し終えたら、画面右上のスピーカーマークをタッチして白くした状態で、近接センサーをふさいでみてください。

これで、画面が消えれば近接センサーは正常に反応していることになります。もし、この方法でも画面が消えなければ、近接センサーが故障している可能性が高いです。

近接センサーは、症状だけでは壊れているかどうかの確認がしづらい部品です。しかし、通話とボイスメモを使った確認方法で簡単に故障しているかどうかの確認ができます。ぜひ、お試しください。

近接センサーが故障していたら修理を依頼しよう

iPhoneの近接センサーが壊れたままだとiPhoneを使いたいときに、画面が暗くなってしまうなど不便な点が多くなります。

早めの修理が必要となりますが、修理はどのようにおこなわれるのでしょうか。非正規のiPhone修理店では、近接センサーの部品のみの交換が可能です。部品のみなので、値段も安くおさえることができます。

しかし、一度非正規のiPhone修理店で修理をしてもらったiPhoneは、Appleからの保証を受けることができないので注意が必要です。そのためAppleの保証に入っていない人やどうしても修理費用をおさえたい方には、非正規のiPhone修理店での修理がおすすめです。

一方、Apple Storeなどの正規店の修理では、Apple Care+に加入しているときは無償で修理をおこなうことができる場合があります。しかし、近接センサーの修理は保証対象外となるので修理料金が別途必要になるようです。AppleCare+に加入している場合は、修理料金が安くなるので、加入している場合は正規修理店で修理をおこなってもよいでしょう。

iPhoneには購入時から保証期間がついている!

まとめ

iPhoneの近接センサーが故障すると、通話中に突然スピーカーになってしまったり、通常使用時に画面が暗くなってしまうトラブルが発生する可能性があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

近接センサーの故障原因の確認方法としては、電話をかけてみることだけではなく、ボイスメモを使って確認する方法もあります。

これら2つの方法を試してみることによって、本当に近接センサーの故障が原因であるのかを突き止めましょう。そして近接センサーが原因とわかったら、修理での解決が必要です。AppleCare+に加入している場合は正規店での修理がよいでしょう。よく吟味した上で、修理店を選んでみてください。

アーカイブ
カテゴリー一覧

switch修理

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP