iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhone 11シリーズ「カメラテクニック」で簡単SNS映え②

2020/02/22

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

暗い場所でのポートレート撮影は「ナイトモード」におまかせ
 iPhone 11シリーズに搭載された「ナイトモード」は、暗い場所で撮る写真も明るさを補いながら、より鮮明な写真が記録できる機能だ。暗い場所でカメラを構えると自動的にオンになる。

 画面にはナイトモードによる撮影に所要する時間が「●秒」と、黄色いアイコンで表示される。シャッターを切った後、表示されている秒数の間は頑張って手ぶれを我慢すると、真っ暗闇の中でも明るく色鮮やかな写真が撮れる。


ナイトモードをオフにしても背景の夜景はきれいに撮れるが、人物が黒くつぶれてしまう。やはりナイトモードがあると心強い

 通常の暗い室内や夜景であれば、ナイトモードの所要時間は3秒前後に収まるはず。手持ち撮影でも目立つほどのブレは生じないはずだが、さらに暗い大自然の中で星空を撮る場合などは、やはりiPhoneを三脚などに装着して撮る方が満足の行く写真が記録できると思う。

 煌びやかな街の夜景を背にしたポートレートも、iPhone 11シリーズのナイトモードなら人物の表情をしっかりと捉えて、光の淡い色が漂う雰囲気たっぷりの写真になる。ナイトモードのアイコンをタップすると、撮影時間の微調整も行える。被写体の明るさや色のバランスを動かして、創意工夫を盛り込もう。

 

Live Photosの「長時間露光」を使って“光の帯”をつかまえる

 目で見た風景をそのまま正確に記録できることだけが、写真の醍醐味ではない。例えば、自動車のヘッドライトやテールランプなど、光が流れて移動する様子を捉えた「長時間露光写真」がiPhone 11シリーズで撮れることはご存じだろうか。一度のシャッター操作で、前後1.5 秒ずつの映像を記録する「Live Photos」の機能を活用するのだ。

長時間露光の効果を加えるとアーティスティックな写真になった

 まずはLive Photosで動きのある被写体を撮る。「写真」アプリに保存されたファイルを開いて、写真の画面をホールドしたまま上にスワイプすると「エフェクト」一覧が並ぶ。右端の「長時間露光」を選ぶと、被写体の動きごと捉えた写真が画面に現れる。

 iPhoneで写真を撮影したり、撮影後の写真を画面で確認する際には明るさを最大にすると被写体の細部まで正確にチェックできる。また家族で出かけた旅行の写真などを、リビングのテレビに大きく映しながら見たい時にはApple TVも合わせて使うと便利だ。

Apple TVがあればiPhone 11シリーズで撮影した写真がテレビの大きな画面で家族揃って楽しめる!!!

 iPhone 11シリーズのカメラが搭載する多彩な機能とアクセサリーも上手に使いこなしながら、この春とっておきの写真&ムービーを手にしてほしい。

 

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP