iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhoneのWiFiがグレーアウトする原因と対処法!②

2020/02/15

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

明日は母から牡蠣が送られてきます(`・ω・´)

またしばらくレンジの出番が増えそうです(/・ω・)/

Phoneでインターネットを使おうにもWiFiのアイコンがグレーになっていた経験はありませんか?

WiFiのアイコンがグレーになっている時のことを「グレーアウト」と呼びます。

グレーアウトしてしまうと、WiFiに接続できなくなってしまうんですね。

そこでこの記事ではWiFiのグレーアウトとは何かについて解説するほか、原因と対処法についても紹介します。

グレーアウトの改善はそこまで難しくないので、正しく対処すれば繋がるようになるはずです。

まずは、グレーアウトを知ることから始めてみましょう。

1.WiFiのグレーアウトとは

WiFiのグレーアウトとは

WiFiのグレーアウトとは、iPhoneを使用中にWiFiに接続しようとしても、WiFi接続のアイコンがグレーになっており、タップしても接続できない状態のことを表します。

グレーアウトしたアイコンをタップしても反応しない、もしくは「Wi-Fi:利用できません」という表示が出てきてしまうんです。

通常「グレーアウト」という単語は、パソコンなどで、チェックボックス等のボタンがグレーで表記されており、選択できないことを示しています。

本記事でのWiFiのグレーアウトは「iPhoneでのWiFi接続ができない」ものとして解説していきます。

1−2.WiFiがグレーアウトすると操作できなくなる

WiFiがグレーアウトすると正常に動作していないことからWiFiに関する操作ができなくなります。

大抵の場合、iPhone本体もしくはWiFiルーター側に問題が起きていることを表しているんですね。

特に、iPhone本体に問題があった場合、正常に動作できずに他の操作もできなくなるリスクがあるので注意してください。

グレーアウトが起きたらすぐに対処する必要があるということを覚えておきましょう。

1−3.グレーアウトに気付いたらまずは再起動を試す

グレーアウトが起こった場合のすぐにできる対処法として「本体の再起動」を試してみると良いでしょう。

なぜなら、iPhoneに溜まってしまったキャッシュなどによって一時的な不具合を引き起こしている可能性があるからです。

iPhoneを使用するなかで、Safariなどのブラウザアプリでインターネットに接続しているとキャッシュ(一時ファイル)が蓄積されていきます。

キャッシュが増えたことで、iPhoneの動作が重くなるなどの悪影響を及ぼし、グレーアウトなどの不具合を起こしてしまうんですね。

まずは再起動を試みることでキャッシュを削除し、グレーアウトが改善されるかどうか見てみましょう。

その他の方法として最新のOSにアップデートすることでも改善する可能性も考えられます。

OSのアップデートによってキャッシュなどもなくなるので、正常な動作を取り戻す可能性があるからです。

しかし、以上のことを試してもグレーアウトが直らない場合は、最終手段としてiPhoneを初期化する方法もあります。

ただし初期化は工場出荷時の状態に戻るので、初期化する場合は、あらかじめバックアップを取るようにしましょう。

強制再起動について

正常に再起動できない場合は強制再起動を試みてください。

iPhone、Androidどちらも機種により再起動の方法は異なります。

下記におおまかな機種ごとに再起動の方法をまとめました。

iPhoneの強制再起動の方法

  • iPhone5~6sの場合・・・電源(スリープ)ボタンとホームボタンを同時に10秒長押し。
  • iPhone7、7Plusの場合・・・電源(スリープ)ボタンと音量を下げるボタンを10秒ほど長押し。
  • iPhone8~11の場合・・・音量を上げるボタンを押して離す→音量を下げるボタンを押して下げる→サイドボタンを10秒ほど長押し。

いずれの機種も、画面が消えたあともボタンは押したままにし、アップルのロゴが表示されてからボタンを離すようにしてください。

Androidの強制再起動の方法

  • AQUOS・・・電源ボタンを10秒ほど長押し。
  • GALAXY、Xperia、DINGO・・・電源ボタンと音量を上げるボタンを10秒ほど長押し。
  • Arrows・・・電源ボタンと音量を上げるボタンを10秒ほど長押しで強制終了する→電源ボタン長押しで電源を入れる。

電池パックを取り外せる機種は、電池パックを外して電源を強制終了させ、再度電池パックを取り付けても再起動できます。

強制再起動はあくまでも、画面上での操作ができない時のみにおこなうようにしてください。

強制再起動することで、作業中のデータが破損してしまう恐れがあるので注意が必要です。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP