iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhone 11シリーズは買いか? 待ちか? どれを狙うか?

2019/11/19

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

2年前に登場したiPhone Xシリーズの流れをくむ新世代のiPhoneもいよいよ3代目となった。すでに本誌では解説記事やレビュー記事などが掲載されているが、それらを踏まえ、今回のiPhone 11シリーズが買いなのか、待ちなのか、買うとすればどれを狙うかなどを考えてみよう。

高価格路線を走るiPhone

2019年モデルとして発売された「iPhone 11」(左)、「iPhone 11 Pro」(中央)、「iPhone 11 Pro Max」の3機種。

 グローバル市場では三番手ながら、国内市場ではトップシェアを獲得しているアップルのiPhone。統一された世界観と洗練されたユーザビリティもさることながら、国内主要3社の販売施策による強い後押しもあり、順調にシェアを伸ばしてきた。

 ここ数年、そんなiPhoneの人気が少し転換期を迎えたかもしれないと言われることが増えてきた。一昨年のiPhone X、昨年のiPhone XS/XS Max/XRは、予想よりも高い価格設定が影響してか、従来ほど、販売に勢いが感じられなかった。国内市場での反響は不調というほどではなかったものの、グローバル市場では予想を上回る販売の落ち込みが伝えられ、ディスプレイパネルを供給するメーカーをはじめ、さまざまな部品メーカーへの減産指示が報じられるなど、あまり風向きは芳しくなかった。

もちろん、製品そのものの完成度は非常に高かったが、Androidプラットフォームを採用するライバルメーカーの競争はさらに激しく、カメラを中心とした機能では「すでにiPhoneは周回遅れ以上」という厳しい指摘も聞かれていた。

iPhone 11シリーズの背面は「iPhone 11」(左)が光沢仕上げで、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」はマットな仕上げのガラスを採用する

 こうした状況に対し、今年のiPhoneがどのようなラインアップを展開してくるのかが注目されたが、今回は「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種が発表された。ネーミングが従来のローマ数字を使った「X(テン)」から、一般的なアラビア数字の「11(イレブン)」に変わったことで、少し世代が新しくなったような印象も受ける一方、iPhoneのシリーズ製品としては、はじめて「Pro」の名を冠したモデルをラインアップに加え、普及モデルとハイエンドモデルの2つのシリーズに区別しようとしている。

各機種の特徴をチェック

 それぞれの機種の項目別の特長を順にチェックしてみよう。まず、主力機種になることが予想される「iPhone 11」は、昨年のiPhone XRの後継モデルで、ディスプレイには6.1インチの液晶パネルを採用する。ボディはアルミニウムのフレームをガラスで挟み込んだ構造を採用し、ボディカラーはパープルやグリーンなどの新色を加えた6色をラインアップする。ボディサイズはiPhone XRとまったく同じで、重量は194g。同クラスのディスプレイを搭載したスマートフォンに比べると、ややヘビー級の印象は否めない。

アップル「iPhone 11」、約150.9mm(高さ)×75.7mm(幅)×8.3mm(厚さ)、約194g(重量)、パープル(写真)、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、PRODUCT REDをラインアップ
写真では見えにくいが、従来モデルと違い、アップルのロゴが中央に移動し、「iPhone」の表記も消えている
iPhone 11の左側面には分割式の音量ボタン、着信/サイレントスイッチが並ぶ
iPhone 11の右側面には電源ボタン、SIMカードトレイを備える。カメラ部が突起していることがよくわかる
下部にはLightning外部接続端子を備える。3.5mmイヤホンマイク端子はなくなったまま
SIMカードトレイはピンで取り出すタイプ。nanoSIMカードを装着できるほか、eSIMにも対応する
特徴的なカメラ部の仕上げ。超広角カメラと広角カメラを備える。カメラ部のみがガラスが盛り上がる仕上げ
「iPhone 11」(左)と2018年発売の「iPhone XR」(右)。カメラなどの仕様が大きく異なるが、ボディサイズは大きさや重量がまったく同じ

 次に、iPhone 11 Proは従来のiPhone XSの後継機種に相当し、ディスプレイには5.8インチの有機ELディスプレイを搭載する。フレームは従来モデルに引き続き、ステンレスフレームを採用し、背面にはテクスチャードマットガラスと呼ばれるマットなガラスを組み合わせており、指紋も付きにくくしている。

 ただし、ボディは従来のiPhone XSから、幅、高さ、厚さともわずかに増え、重量はさらに11g増え、188gとなっている。同クラスのディスプレイを搭載したライバル機種と比較しても重いのが気にかかる。ボディカラーは新色のミッドナイトグリーンを加えた4色がラインアップされる。今のところ、新色のミッドナイトグリーンの人気が高いようだが、マットなガラスの効果もあってか、従来モデルに比べ、各色とも落ち着きのある仕上がりとなっている。

アップル「iPhone 11 Pro」、約144.0mm(高さ)×71.4mm(幅)×8.1mm(厚さ)、約188g(重量)、ゴールド(写真)、ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイをラインアップ
iPhone 11 Proの背面。マットなガラスで仕上げられたことで、ゴールドも少し落ち着いた印象に。ただ、カメラ部はかなり目立つ
iPhone 11の左側面には分割式の音量ボタン、着信/サイレントスイッチが並ぶ
iPhone 11 Proの右側面には電源ボタンを備える。SIMカードトレイはiPhone 11に比べ、電源ボタン寄りに備えられる
下部には充電やアクセサリーの接続などに使うLightning外部接続端子を備える
SIMカードトレイはピンで取り出すタイプを採用。nanoSIMカードを装着できるほか、eSIMにも対応する。位置はiPhone 11よりも少し電源ボタン寄り
「iPhone 11 Pro」(左)とiPhone XS(右)の比較。本体前面から見る限り、ほとんど差がないように見受けられる
「iPhone 11 Pro」(左)とiPhone XS(右)の背面を比較。やはり、カメラ部の目立ち具合が大きく違う

 iPhone 11 Pro Maxは従来のiPhone XS Maxの後継機種に位置付けられ、ボディサイズやディスプレイサイズ、バッテリー容量などを除けば、後述するカメラも含め、基本的にはiPhone 11 Proと共通仕様となっている。ディスプレイはiPhone最大となる6.5インチの有機ELディスプレイを搭載する。フレームとガラスの構成はiPhone 11 Proと共通で、カラーバリエーションも同じく4色展開となっている。

 ボディサイズは従来のiPhone XS Maxよりも幅、高さ、厚さが0.4mmずつ増え、重量は18g増の226gとなっている。同クラスのディスプレイを搭載したスマートフォンで、150gを切る製品が登場していることを考慮すると、かなりのヘビー級であり、カバーなどを装着して利用するときはさらに重く、扱いにくい端末になってしまう。

アップル「iPhone 11 Pro Max」、約158.0mm(高さ)×77.8mm(幅)×8.1mm(厚さ)、約226g(重量)、ミッドナイトグリーン(写真)、ゴールド、シルバー、スペースグレイをラインアップ
背面のマットなガラスによる仕上げはボディカラーの印象を大きく変える
iPhone 11の左側面には分割式の音量ボタン、着信/サイレントスイッチが並ぶ
iPhone 11 Pro Maxの右側面には電源ボタンを備える。SIMカードトレイはiPhone 11に比べ、電源ボタン寄りに備えられる
下部にはLightning外部接続端子を備える
超広角、広角、望遠のトリプルカメラはiPhone 11 Proと同じ。カメラ部のガラスは少し盛り上がっているため、カメラ部の突起している印象を弱めているが、それでもかなり派手に出っ張っている
従来のiPhone XS Max(右)と同サイズの6.5インチSuperRetina XDRディスプレイ(有機EL)を搭載
iPhone 11 Pro Max(左)とiPhone XS Max(右)の背面。iPhone 11と同じように、ロゴの位置が変更され、「iPhone」の表記も消えている

 iPhone 11 Pro Maxに限った話ではないが、やはり、毎日持ち歩き、日常的に手にする商品であることを鑑みると、ここ数年のiPhoneの重量増は端末の使い勝手を損なうレベルに達しつつあり、とても歓迎できるものではない。これでは既存のiPhoneユーザーも機種変更や買い換えを躊躇してしまうかもしれない。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP