iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iOS13「探す」アプリはオフラインでどうやってMacを探すのか

2019/09/02

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

昨日は岡山方面までバーベキューに行ってきました(´・ω・`)

本当はミーティングだったんですが雨で中止になったので急遽・・・

涼しくなったのでバーベキューも楽しかったんですがあいにくの雨・・・

もう9月なことに驚きが隠せません(´;ω;`)

一年が終わるスピードが速すぎる・・・まだ22才になって間もないはずだぜ!?!?!って感覚ですよ・・・

9月にはいったので祖父母に敬老の日でお肉を送り付けるんですがスタッフKaが食べたことないようなお肉なので

自分用にも欲しいなっと毎度思いますwwww

 

さてそんな肉情報はさて置おき本題です!!!

 

iOS13から「iPhoneを探す」アプリは「探す」アプリに名称を変更します。この変更に伴い大幅な機能向上が実装されるのですが、その一つが離れた場所にあるオフライン状態のデバイスを探す機能です。一体どのようにして探すのでしょうか。

第三者のiPhoneと暗号技術

iOS13探すアプリでは紛失したiPhone、Mac、iPadを探す機能が搭載されます。紛失または盗難にあったデバイス(特にMacやWi-FiモデルのiPad)がインターネットに接続されることは考えにくく、これまでの「iPhoneを探す」アプリでは位置の特定が困難でした。しかし探すアプリでは付近にあるiPhoneを利用してオフライン状態のデバイスの位置情報を取得します。
 
Find my Airpods
 
オンライン状態にある第三者のiPhone(もちろん自分や知人のiPhoneでもOK)とオフラインのデバイスがBluetoothで通信し、位置情報をAppleのサーバーに送信することで位置情報を取得します。単純な機能のようですが、第三者が他者のデバイスの位置情報を取得できないようにするためには高度な暗号化技術が用いられています。
 
Appleは安全性を保つためにこの暗号化技術の詳細を明らかにはしていません。しかしこのシステムの概要から、専門家は第三者に遺失物の位置情報、さらには通信を中継したユーザーの位置情報が漏れる危険性は低いと考えています。

2台目のデバイスが必要

この「探す」アプリでオフライン状態のデバイスの場所を特定するには、紛失したデバイスの他にもう一台のApple製品(同一のApple IDでログインしているデバイス)が必要という点には注意が必要です。また全く人の出入りのない場所(iPhoneユーザーが付近に全くいない場合)に紛失したデバイスがある場合も位置情報を取得する事はできません。
 
Find My
 
もし2台目のデバイスがあれば、上記スクリーンショットのようにMacがオフラインでも正確な位置情報が取得できます。位置情報はかなり正確に表示されるためMacがオンラインにある時と区別はつかないとされます。正確な位置情報が分かれば、紛失したデバイスの発見は容易になるでしょう。iOS13の新機能として登場する「探す」アプリには期待していいと思います

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP