iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhoneをリカバリーモードにする方法・対処法まとめ

2019/08/05

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

iPhoneの調子が悪い時、ネットで検索をすると「リカバリーモードで復元しましょう」などの文言が書かれていることが多いですよね。

そもそもリカバリーモードとはなんなのか、どんな時にするべきなのかがわからない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、iPhoneのリカバリーモードについて詳しく解説していきます。

 

iPhoneのリカバリーモードとは?

リカバリーモードとは、iPhoneが起動しなくなったり、途中で止まったりした時に利用する対処方法の1つです。

iPhoneのiOSを最新バージョンに更新することで、問題の解決を試みるモードのことです。

iPhone内部の起動プログラムから強制的にiTunesと接続し、iOSを最新の状態にすることで問題解決を図ります。

iPhoneをリカバリーモードにするタイミングは?

どんな時にiPhoneをリカバリーモードにすればいいのか、いくつかの例で説明します。リンゴループしている時

リンゴループとは、iPhoneを起動しようとしてもリンゴマークが延々ループしてしまう現象のことです。

リンゴループが起こる原因に関してははっきりとしたものはありませんが、一例として以下が挙げられます。

  • iOSのアップデートが不完全で終わってしまった時
  • iPhoneに入れているアプリの相性が悪く、何らかの干渉が起こってしまっている時
  • iPhone内部に液体の侵入などが起こり、本体内部に損傷が起こってしまった時

リンゴループが起こっている場合は、電源を入れ直して起動することが難しいので、一度リカバリーモードを試してみましょう。

iPhoneの画面がつかなくなってしまった時

iPhoneに充電があるにもかかわらず、電源が入らなくなってしまったり画面がつかなくなってしまった時にも有効です。

きちんと充電がなされていれば、iTunesに強制的に接続してリカバリーモードに入ることができます。

何らかの原因で勝手にリカバリーモードになってしまった時

iPhoneをiTunesに繋いでいたら、いきなり上の画面になってしまったなんてこともあります。

これは何らかの原因で、リカバリーモードが必要になってしまった時に表示される画面です。

この場合、iTunesに繋ぐと上のような画面が出てきます。画面に従って、リカバリーモードでの修復を試みてください。

iPhoneをリカバリーモードにする方法

手動で行う場合、以下の手順でリカバリーモードに入ることが可能です。

リカバリーモードはiPhone本体のみではできません。パソコンがない場合は知り合いに借りるか、正規サービスプロバイダや修理センターに相談してみてください。

  1. ①パソコンに入っているiTunesを最新バージョンにする。
  2. ②既にiTunesを起動している場合は1回閉じる。iPhoneをパソコンに接続してからiTunesを開く。
  3. ③iPhoneが接続されている状態で、以下の手順でiPhoneの強制再起動を行う。Appleロゴが表示されてもボタンを放さず、「iTunes に接続」画面が表示されるまで待つ。

    iPhone 8以降→音量を上げるボタンを押してすぐに放す。次に、音量を下げるボタンを押してすぐに放し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで電源ボタンを押し続ける。

    iPhone 7・iPhone 7 Plus→電源ボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで押し続ける。

    iPhone 6s以前の機種→ホームボタンと電源ボタンを同時に押し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで押し続ける。

  4. ④「復元」もしくは「アップデート」の選択肢が表示されたら、「アップデート」を選択し、iTunesによるiOSの再インストールを始める
  5. ⑤iPhone用のソフトウェアがダウンロードされるまでしばらく待つ。万が一途中で「iTunes に接続」画面が閉じてしまった場合は、ダウンロードが終わるのを待ってから、手順③をもう一度行う。
  6. ⑥リカバリーモードへと移行。
  7. ⑦終了したらiPhoneの設定をする。

※④で復元を選択すると、全てのデータが消えてしまいます。また、アップデートを選択しても、失敗した場合はデータが消えてしまうことがありますので、きちんとバックアップをとってからリカバリーモードを行うようにしましょう。

リカバリーモードでも症状が直らない場合はDFUモードを試そう

リカバリーモードでもiPhoneの症状が修復しない場合は、DFUモードを試してみるという手段もあります。

DFUモードとは、iPhone内のiOSの起動プログラムを使用せず、強制的にiTunesにiPhoneを接続させる方法です。

リカバリーモードはApple社が推奨している方法ですが、DFUモードに関しては推奨されておりませんので、最終手段として自己責任で行ってみてください。

  1. ①最新バージョンのiTunesを起動させる
  2. ②iTunesが開いている場合は一度閉じ、パソコンにiPhoneを接続する
  3. ③iPhoneの電源をオフにする
  4. ④電源ボタンを3秒間押し続ける
  5. ⑤2つのボタンを10秒間ほど押し続ける

    iPhone 6s以前、またはiPad、iPod touchの場合→電源ボタンとホームボタン

    iPhone 7以降の場合→ボリュームダウンキー + ボタンと電源ボタン

    iPhone 8以降の場合→ボリュームアップキーを押してすぐに放す

    次に、ボリュームダウンキーを押してすぐに放し、「iTunes に接続」画面が表示されるまで電源ボタンを押し続ける。

  6. ⑥電源ボタンだけを離す。ホームボタン(ボリュームダウンキー)はそのまま押し続ける。

以上の方法で、DFUモードを行うことが可能です。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP