• ファイルはiPhoneから各種ドキュメントを利用する際のプラットフォーム

ファイルアプリとは?

ファイルは、iOS 11で初めて登場したApple純正アプリ。iPhone・iPadに最初から入っているもののひとつです。このアプリを介して、iPhoneからiCloudドライブにアクセスすることができます。

次に読む>>
iCloudの空き容量が減ってきた……まず、とるべき対策
メールで送られてきたQRコードをiPhoneで読み取るには
iCloudメールはどれだけ添付ファイルがあっても大丈夫? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
LINEで動画を友だちに送るには? 5分以上の動画は送れる?
  • ファイルを開き「iCloud」をタップ

  • iCloudに保存されているフォルダやドキュメントが表示されます。画面を少し引き下げると、表示方法を切り替えるボタンが出てきます

  • フォルダをタップするとフォルダの中身が表示されます。ドキュメントをタップすると該当するアプリで開きます

自分のiCloudドライブに保存されたドキュメントなら、Mac・iPhone・iPadのどこからでもシームレスに利用することが可能です。

ドキュメントを管理・整理する方法

ファイルアプリでは、保存されているドキュメントを別のフォルダに移動したり、複製、削除することができます。

  • 右上の「選択」をタップし、管理・整理したいドキュメントを選択。複数選択も可能です

  • 複製する場合は「+」ボタンをタップ。移動する場合はフォルダボタンをタップして移動先を選択。ゴミ箱をタップすると削除されます

また、MacのFinderと同じようにタグを付けることもできます。

  • 上記と同じ手順で管理・整理したいドキュメントを選択してシェアボタンをタップ→シェアシートにある「+タグ」をタップ

  • つけたいタグをチェックして「完了」(複数チェックも可能)。新しいタグの作成も可→フォルダ内をタグで並べ替えることができます

  • ファイルの「ブラウズ」からフォルダを横断して同じタグのドキュメントを表示できます

iCloudドライブ以外の場所も利用可能

Dropbox、Googleドライブなど、iCloud以外のクラウドストレージもファイルアプリから利用することができます。

  • 外部のクラウドストレージサービスのアプリをダウンロードし、ログインしておきます(ここではDropboxを例にします)

  • ファイルアプリを開き「編集」→使用したいクラウドストレージのスイッチをオンにして「完了」をタップ

これでファイルアプリからもDropboxに保存されているドキュメントを利用することができるようになりました。他のサービスの場合も同様です。

メールの添付ファイルをiCloudに保存する方法

iPhoneでメールの添付ファイルを受信すると、扱いにちょっと困りますよね。そんな時はファイルアプリに保存しましょう。後から他のアプリで開いたり、Macから使用することができて便利です。

  • メールに添付されたファイルを長押し→シェアの画面が出たら「ファイル」を選択

  • 保存先のフォルダを選択して「追加」をタップします

ファイルアプリからドキュメントをメールで送信する方法

ファイルアプリに保存されたドキュメントはiPhoneからメールに添付して送信することが可能です。複数のファイルを添付することもできます。

  • メール作成画面で空白の部分をタップ。黒いフキダシが出たら▶︎を1回タップして「添付ファイルを追加」を選択→「ブラウズ」または「最近使った項目」をタップ

  • 添付したいファイルを選択します→メールにファイルが添付されました