iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhone「カメラ」を段違いで便利にする方法3選②

2019/06/24

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

先ほどの続きです!

 

Officeの名を冠しているだけであり、マクロソフトの各種サービスとも連携する。撮ったあと、写真が補正されるため、仕上がりを確認したら画面右下に表示されている「完了」をタップすると、保存先を選択できる。そのままiPhoneの写真アプリに保存しておきたいときは、「フォトライブラリ」を選べばいいが、PDFにしたり、マイクロソフトのオンラインストレージである「OneDrive」に送ることも可能だ。

台形の補正を自動で行う「Office Lens」(筆者撮影)

ただし、これだと手順が多すぎるため、連続で写真を撮りたいときに、撮り逃してしまう心配はある。その場合は、通常のカメラで撮っておき、Office Lensにそれを読み込ませるといい。後処理の手間はかかってしまうものの、自動で画像が補正されるため、難しいことを考える必要は一切ない。フィルターや文字を載せるなど、簡易的な加工もできる。しかも、アプリは無料。ビジネス利用が多い人は、インストールしておきたい1本だ。

2. 気になるシャッター音は「Microsoft Pix」で解決

日本で販売されるiPhoneは、マナーモードなど、音量を最小にしていても、カメラのシャッター音が鳴ってしまう仕様だ。これは、盗撮を防ぐための措置だが、あくまでメーカー側の自主規制。犯罪を防ぐ観点ではある程度有効なのかもしれない一方で、どこで撮っても、「パシャ」というシャッター音が鳴ってしまうのはデメリットといえる。接待で行った静かなレストランで料理を撮影するときや、講演のスライドを撮るときなどには、シャッター音がマナー違反になってしまうケースもある。

「Microsoft Pix」を使うと、シャッター音を完全に消すことができる(筆者撮影)

シャッターを切る前からの短い動きを記録する「Live Photos」を使えば、シャッター音は非常に小さくなるものの、ゼロになるわけではない。周囲がシーンと静まり返っていると、聞こえてしまうおそれもある。また、Live Photosは短いながらも動きを記録しているため、常時オンにしていると、メッセージアプリやSNSでシェアした際に、撮影者が意図していなかった映像や音声が相手に伝わってしまうこともある。

そこで活用したいのが、「Microsoft Pix」だ。同アプリは、シャッター音を消すためだけのアプリではなく、撮った写真の文字を認識してテキストデータとして使えたり、写っているものを認識したりといった機能を備えているが、静かに撮影したいときにも重宝する。利用方法は簡単で、撮影時にiPhoneをマナーモードにするだけ。これで、シャッターの音が一切鳴らなくなる。

撮った写真は自動的に保存され、iPhone標準の「写真」アプリで閲覧することができる。写真の画角も、標準のカメラで撮ったときと同じ4:3の比率になるため、使い勝手がいい。標準のカメラアプリのようなポートレートモードやタイムラプスのような機能はないため、シーンに応じて、どちらで撮るかを使い分けるといいだろう。

ちなみに、シャッター音は常時無効にすることもできる。「設定」から「Microsoft Pix」を開き、シャッター音をオフにすると、その設定が有効になる。ここでは、Live Photosに相当する「ライブショット」や、文字などを認識する「コンテンツの抽出」といった機能をオフにすることもできる。シンプルなシャッター音が鳴らないカメラアプリとして使いたいときは、こうした機能をオフにするのも手だ。

3. iPhoneのカメラをメジャー代わりに使う

標準で搭載されているアプリの中にも、iPhoneのカメラを活用するものがある。便利なのが、「iOS 12」から搭載された、「計測」というアプリだ。このアプリは、カメラに映った物体などを認識するAR(拡張現実)を活用したもので、アップルがアプリ開発者に提供する「ARKit」の応用例。機能は非常にシンプルで、写し出した物体の長さを測ることができる。

例えば、パソコンや机、いすなどのオフィス用品を新調する際に、今使っているもののサイズを測り、同じぐらいの大きさかどうかを検討する材料にしたり、荷物のサイズがわからないときに測って料金を調べたりと、ビジネスでもさまざまな場面で役に立つ。メジャーを使えば済む話ではあるが、つねに携帯しているとは限らないため、iPhoneに計測アプリが入っていることを覚えておいて損はない。

手元にあるものの大まかな長さを知りたいときに便利なのが、「計測」アプリだ(筆者撮影)

計測アプリは、起動したらまずiPhoneを左右に動かす必要がある。計測可能になると、画面中央に円が表示されるため、測りたいものの端が画面の中央にくるようにiPhoneを動かし、「+」ボタンをタップする。計測アプリが角などを認識すると、本体がブルっと震えて中央の点が、そこに吸い付くように動くこともある。「+」ボタンを押したら、iPhoneを動かしていくと、長さが表示される。終点まで来たら、再び「+」ボタンを押すと、物体の上に、長さが重なったままの状態になる。縦と横、両方の長さを記録しておくことも可能だ。

また、封筒のように四角い物体を認識すると、「矩形」モードに切り替わる。この状態で「+」ボタンをタップすると、縦と横、両方の長さと面積が一気に表示されて便利だ。ただし、矩形モードで使うには、物体の全体をカメラで捉える必要がある。そのため、ある程度距離を空けられるときや、小さい物体の長さを測るときに活用したい。

長さを測り終わったら、画面右下に表示されているシャッターボタンをタップしよう。これで、長さが重なった状態の写真を撮ることができる。便利なアプリだが、AR機能を使って長さを測っているため、本物のメジャーほど正確ではない。測り方によっては、数センチ単位で誤差が出ることもある。とはいえ、比較的精度は高く、筆者がパソコンや封筒、iPhoneの大きさなどを測ったときは、誤差1センチ前後に収まっていた。大体の長さを知りたいニーズは、十分満たせるはずだ。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP