iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhone XRで3D Touchがつかえない!?LINEを未読で見れない( ゚Д゚)

2019/06/09

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

 

 

昨日はお休みだったので朝6時からラットのケージを組み立ててましたが・・・

なんと思ったよりケージが大きくラットの頭がはみ出るではないか・・・

ジリスに新しいケージをあげラットにジリスが使っていたケージを使ってもらい

ホームセンターで金網と結束バンドを買いケージに巻き付けなんとか脱走防止はしましたが・・・

慣れないことをしたので体中が痛い・・・特に右手(´;ω;`)ウゥゥ

なんとか昨日には終わりましたが部屋の一角に

ケージが上から小さい順に3段とロータイプドレッサーにはベタ水槽とまあ・・・

賑やかになりましたwwwwww

これで古代魚とフェレットがいれば大満足なんですが・・・さすがに無理(^-^)wwww

 

ところで最近はiPhoneXR愛用者がほんと多いです!!

いいなあスタッフKaはいつ機種変更をしよう(゜-゜)

早く小さい端末でないかなあ(´・ω・`)

iPhoneXRもいいんですが実は3DTouchがつかえないんですよ・・・

 

 

 

iPhone XRには、iPhone XS/XS Maxと異なり「3D Touch」が搭載されていません。←(;゚Д゚)

しかし、一体どれだけのユーザーが3D Touchを活用してきたのでしょうか。

ニュースサイトTHE VERGEが「3D Touchがあることすら知らない」という興味深いコラムを掲載しています。

なぜiPhone XRで見送ったのか

3D Touchは、ディスプレイ上で画面を強く押すことでショートカットやプレビューなどの特殊な操作ができる機能です。
 
単なる長押しとは異なり、Appleの開発した特殊なリニアモーター「Taptic Enigine」によって初めて可能となる技術です(Tapticは“Tap(タップ)”と“Haptic(触覚)”からなるAppleの造語)。
 
iphone6s 3D touch 使える カバー シート
 
しかしiPhone6sから採用されている3D Touchは、iPhone XS/XS Maxと異なり、iPhone XRには搭載が見送られています。
 
これを素直に「iPhone XRは廉価版だから採用されていないのだ」と解釈することも可能ですが、THE VERGEは「最も多くの人々が購入するであろうiPhoneに、Appleが搭載しなかった事実」を重くみるべきだと指摘します。

iPhone XRで見送ったことで悪循環が生まれる?

iPhone XRは10月末発売ながら、2018年下半期に発売される新iPhoneのなかで、出荷台数シェアが50%を超えると見込まれています。また、iPhone XRが発売されるまでiPhone XS/XS Maxを買い控えする消費者の存在も指摘されています。
 
それだけのiPhoneに3D Touchを採用しないということは、iOSアプリを開発するデベロッパーにとっては、同機能を積極的にサポートする理由がありません。デベロッパーがサポートしたがらないということは、3D Touchが一層使われなくなることも意味します。
 
これはまさに“悪循環”そのものでしょう。問題はなぜAppleがそれを選択したのかです。

存在を知らないユーザーもいる

もともと3D Touchは「どのボタンで使えて、何が起こるのか分からない」「視覚的なガイダンスがない理由が不可解(リーク情報に詳しいジョン・グルーバー氏)」という指摘がなされてきました。また、使わなくとも使用にまったく支障がないことから、THE VERGEは「存在を知らないユーザーもいる」とまで言い切ります。
 
2015年のスペシャルイベントで3D Touchが紹介された時には、フィル・シラー副社長が「とてつもなく画期的だ」と手放しで絶賛、わざわざデザイン部門を統括するジョナサン・アイヴ氏が動画で使用方法を紹介するという気合の入れようでした。
 
ところが、その割にAppleが普及に乗り気でないのは明らかで、iOS11でも「画面左端を押し込むことでアプリを切り替える」機能が、技術的制約を理由として利用不能のままとなっていました(iOS11.1で復活)。

iPhone XRにも似た機能はあるが

それでもiPhone XRには一応、3D Touchの替わりとなる「Haptic Touch」が搭載されています。ただし、3D Touchと同じ機能ですが仕組みは異なるようで、THE VERGEによると「長押し以上の何物でもない」とのこと。すでにAndroidスマートフォンで採用されているものと区別がつかないそうです。
 
これらのことを踏まえ、同メディアは「Appleは3D Touchからさっさと距離を置きたいように見える」と指摘しています。
 
Appleにしてみれば、一部のユーザーにしか使われない機能であり、なおかつ“廉価版”という位置づけのiPhone XRならば、思い切ってエンジンごと取り払った方がコスト面で得策ということなのでしょう。

「エンジニアの才能のとてつもない無駄遣いだ」

2015年にiPhone6sがリリースされた際、Appleの幹部たちがBloombergに対して、いかに3D Touchの開発に苦労したかを語ったことがあります。
 
ジョナサン・アイヴ氏が「究極的には、これこそ私たちがこれまでに集中してきたことであり、Appleを突き動かしてきたものだ」と述べれば、フィル・シラー氏も「もし、単なるデモ機能に終わり、1カ月後には誰も実際に使っていないのならば、これはエンジニアの才能の途轍もない無駄遣いだ」と強い口調で意気込みを語りました。
 
そんな彼らは今、最も売れるとされるiPhone XRに3D Touchの採用を見送ったばかりか、2019年の新iPhoneでは完全に廃止されるという観測まで出ていることについて、一体何を思うのでしょうか。
 

ズームの簡単な直し方は

画面のどこでもいいので3本指でダブルタップしてみてください(/・ω・)/

元に戻ったはずです。

 

ちなみに拡大表示中に3本指でドラッグすれば、画面を上下左右にスクロールできます。

さらに拡大されたまま、3本指で上下に「タップ・アンド・ドラッグ」すると、拡大率を変更することも出来るんです。

 

不意に拡大させないための設定!

そもそもズーム機能なんて必要ないって方は、設定で機能停止しておきましょう!

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」→「オフ」

ズーム機能を設定する手順

ステップ 1

「設定」を押します。

「設定」を押します。

ステップ 2

「一般」を押します。

「一般」を押します。

ステップ 3

「アクセシビリティ」を押します。

「アクセシビリティ」を押します。

ステップ 4

「ズーム機能」を押します。

「ズーム機能」を押します。

ステップ 5

1.「ズーム機能」をオン( スイッチ(オン)アイコン)にします。

「ズーム機能」をオンにします。

2.オンにした直後に画面が拡大されます。

オンにした直後に画面が拡大されます。

  • 赤枠部分を押したまま指を動かすと、拡大ウィンドウを移動できます。
  • 画面を拡大/縮小する
    3本指で画面をすばやく2回押します。
  • 画面の拡大率を上げる
    3本指で画面を2回押した後、指を画面から離さずに画面の上方向に指を動かします。
    • 拡大率を下げる場合は、画面の下方向に動かします。
  • 画面内を移動する
    3本指で画面を動かします。

ズーム機能の各設定を変更する手順

ステップ 1

3本指で画面をすばやく3回押すか、または赤枠部分を押します。

3本指で画面をすばやく3回押すか、または赤枠部分を押します。

ステップ 2

設定メニューが表示されます。

設定メニューが表示されます。

  • 設定メニューを閉じたい場合は、3本指で画面をすばやく3回押すか、画面の設定メニュー以外の場所を触ります。
  • 縮小
    通常の画面表示に戻します。
  • フルスクリーンズーム/ウィンドウズーム
    フルスクリーンズームとウィンドウズームを切り替えます。
  • レンズのサイズを変更
    ズームウィンドウのサイズを変更できます。
  • フィルタを選択
    拡大部分の画面効果を選択できます。
  • コントローラを表示
    拡大中の操作がしやすいようコントローラを表示します。
  • 調節バー
    つまみを左右に動かすことで拡大比率を調節できます。
アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP