iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

新しいiPhoneを快適に使うためにする9つの設定②

2019/05/23

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

モンスターエナジーのなんとかパンチ?ピンク色のモンエナは生産が追いついてなくて

一時生産終了らしいですね(゜-゜)

味ピーチでしたがスタッフKaもともとPINKがすきでつられて買いましたが

味は好まない漢字だったのでもう買ってませんがかなりの人気ですね!!まだ飲んでない方は急いだほうがいいですよ!!

ちなみにスタッフKaはエナジードリンクなら「シャーク」がすきです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

パッケージも覚めなのでかわいいですよ🙌

 

5.頻繁に表示されるWi-Fi接続確認を非表示にする

Wi-Fiの接続確認が有効になっていると、接続したことのあるWi-Fiネットワークが見つからない場合、近隣にある接続したことのないWi-Fiネットワークのリストがポップアップで表示されます。たいていの場合パスワードロックがかかっているため使えません。Wi-Fiネットワークそれならばいっそオフにしてしまいましょう。「設定」>「WiFi」>「接続を確認」をオフにします。Wi-Fi接続を確認

6.不要なAppバックグラウンド更新をオフにする

バックグラウンド更新を許可すると、アプリは、使っていない間もデータをリロードし、常に最新の状態を保とうとします。この機能はインストールした時点ではすべてのアプリで有効になっていますが、必要なアプリ以外はバッテリーの消費を早めるのでオフにしておきましょう。「設定」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」から不要なアプリの更新はオフに。アプリのバックグラウンド更新

7.「自動ダウンロード」の「アップデート」をオフに

iOSのデフォルト設定では、すべてのアプリのアップデートが自動的にダウンロード、インストールされます。これはミュージック、ブック、さらにはほかの iOSデバイスで購入したアプリにも当てはまります。しかし、すぐにアップデートしたくないとか、アップデートのチェックで端末のバッテリーが消耗するのが嫌な場合には、「設定」>「iTunes&App Store」>「アップデート」からオフに出来ます。アプリの自動ダウンロード

8.追跡型広告を制限

iOSはSafariでのブラウジング履歴をもとに、ユーザーの興味 関心を追跡しています。気分のいいものではないし、データをサーバに送っているため余分にバッテリーを消費します。「設定」>「プライバシー」>「広告」と進んで「追跡型広告を制限」をオンにすると機能を制約できます。追跡型広告を制限

9.通知を制限

アプリをインストールすると、通知を送信するか聞かれます。通知を送信
うっかりOKしていると一日中通知を受け取ることにもなりかねません。そこで、「設定」>「通知」と進み、通知が必要ないアプリの設定をすべてオフにしましょう。オンにしておく場合でも、通知のスタイルをバナー(画面上部にスライド表示されるタイプ)やダイアログ(それまでの画面の手前にポップアップ表示されるタイプ)などが選べます。通知設定

さいごに

みなさん、いかがだったでしょうか。普段何気なく使っているiPhoneですが、ちょっと気をつけるだけでバッテリーのもちがよくなり、セキュリティやプライバシーを高めることができます。どれも簡単に設定を変更できるのでお試しください。快適なiPhoneライフをお楽しみください。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP