iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhone XS・XRを買ったら設定しておきたいこと11のこと

2019/05/22

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

最近指に小さな水ぶくれができて痒いなあと思っていたら汗疱といって

汗が上手く皮膚の外に出てない為に起こる水ぶくれでした(´;ω;`)

これがただの水ぶくれならいいんですが痒みがありいらつきます(´;ω;`)

次のお休みに行きつけの皮膚科にいくしかないですね・・・

これからは更に熱くなり汗をかく時期なので・・・

 

さて本題へ入りましょう

2018年9月21日に発売された「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は、ホームボタンが廃止され、顔認証「Face ID」や有機ELのSuper Retina HDディスプレイ、ワイヤレス充電などの新しい機能や変更点が多く存在しています。

操作方法はもちろん、設定項目もこれまでのiPhoneと異なるものが多くなっています。この記事では「iPhone XS」「iPhone XS Max」を買ったら設定しておきたいオススメの項目を解説します。

Super Retina HDディスプレイの“焼き付き”を防止する

Super Retina HDディスプレイの“焼き付き”を防止する

「iPhone X」以降のiPhoneに搭載されているSuper Retina HDディスプレイは、発色の良さ・高精細・省電力・薄型といった強みをそのままに、明るさ・広色域・色の再現性といった有機ELの弱点も克服した新しいディスプレイです。

一方、「焼きつき」や「残像」といった有機EL特有の問題についてAppleは「業界最高を目指した」「長期利用による劣化を極力抑える」と説明した上で最大限に活用できるよう配慮すべき点を案内しています。

ここでは有機ELの焼き付きや残像を防止するために効果的な方法を紹介します。

画面の明るさを変更する

焼きつきが発生する原因のひとつが過剰な画面の明るさ設定です。画面の明るさを変更するには設定画面から「画面表示と明るさ」に進んで“明るさ”のバーを左側にスライドしましょう。

ディスプレイの明るさを変更する ディスプレイの明るさを変更する
設定画面から明るさを変更する

または、ステータスバーの右側を下にスワイプしてコントロールセンターを起動後、明るさ調整バーを下にスライドすることで軽さを変更することができます。

画面の明るさを変更する

コントロールセンターで明るさを変更する

明るさの自動調節をオフにする

画面の明るさを変更しても自動調整がオンになっていると、周囲の環境に応じて明るさが自動で変更されてしまいます。焼き付きを絶対防止したいのであれば、自動調整はオフにしましょう。

明るさの自動調整をオフにするには設定から「一般」→「アクセシビリティ」に進みます。

明るさの自動調節をオフにする 明るさの自動調節をオフにする
「一般」→「アクセシビリティ」

さらに、「ディスプレイ調整」を選択して「明るさの自動調節」をオフにすると、画面の明るさが固定されます。

明るさの自動調節をオフにする 明るさの自動調節をオフにする
明るさの自動調節をオフにする

自動ロックを短くする

Appleが“静止画像を最大輝度で長時間表示し続けることは避けてください”と案内しているとおり、同じ映像を長時間表示しないことも大切です。

同じ映像を長時間表示しないために、自動ロックまでの時間を短く変更しましょう。

設定から「画面表示と明るさ」→「自動ロック」に進んで、ディスプレイがオフになるまでの時間を選択します。初期状態では30秒に設定されていますが、あまりにも短いので1分〜2分がオススメです。

自動ロックを短くする 自動ロックを短くする
自動ロックまでの時間を短くする
アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP