iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

【バッテリーの寿命っていったい何年??】

2018/12/26

こんにちは!

iPhone修理とケース販売店I.C.C.福山駅前店』スタッフHです。

 

さぁ!クリスマスも終わったし後は年越しを迎えるだけですよ!

駅前店の年末年始のお休みは

さて今回は、皆さんが普段から使っているスマホのバッテリーの寿命がどれくらいの物かを書いていきます。

スマホに使われているバッテリーはリチウムイオンバッテリーが採用されています。

 

なぜ?リチウムイオンバッテリーが採用されているかというと、従来のバッテリー技術と比べてリチウムイオンバッテリーは一段と速く充電でき、一段と長持ちします。

より高い出力密度を持っているので、耐用年数が延び、バッテリー本体は軽くなりました。

061 062

これがiPhoneに使われているリチウムイオンバッテリーです。

大きさ的には手のひらに置けるくらいの大きさで、バッテリー自体は非常に柔らかく、簡単に曲がります。

力を入れてグイっと曲げたかったんですけど、これ以上曲げるとバッテリーが発火してしまい大変なことになるんで止めました。

 

IMG_0404 IMG_0408

いつも駅前店に出勤しているスタッフKaが以前、修理中にバッテリーが発火してしまって大ごとになったと言っていました。

スタッフHはまだこの発火を見たことがありませんが、発火する前の独特の臭いを嗅いだことがあります。

甘ーい匂いです、嗅いだことがある人は絶対に忘れる事は無い独特の甘いニオイが、発火や破れかけのバッテリーからはしてきます。

 

なので、膨張したバッテリーの交換には必要以上に気を使いながら交換作業を行います。

ただでさえ不安定なバッテリーの交換なのに膨張ともなるとかなり危険な作業になります。。。

ピンセットがバッテリーに刺さらないよう気を使ったり、無理に曲げないようにやさしく本体から剥がしていきます。

 

さて、寿命についてですが、スマホに使われているバッテリーは、大体2年から2年半を目安に寿命がやってきます。

でも中にはかなり優秀なバッテリーもいるようで、4,5年使い続けているバッテリーも存在します!

iPhone4,4S,5シリーズなどに多く、昨日もiPhone4Sを使っているお客様の画面交換をしているときに、まだ現役で動いているバッテリーと巡り合いました!

4Sだと発売からもう何年経つんだろう??

10年は経つ端末ですから逆に怖くなります。。。

 

寿命は2年といっても使い方によっては、もっと短くなったり長くなったりもします。

100%までの充電をおおよそ500回すると寿命が減り始める報告も出ています。

 

バッテリーに取って一番優しい充電方法は、まず100%まで充電せず80~90%ぐらいで充電を止め。

30%ぐらいの使用でまた充電を始めます、これが一番バッテリーにとって長持ちする充電補法なんです!

 

丁度いい間で放電や蓄電が出来ればバッテリーの寿命も長く持つでしょう。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP