iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhoneパスコード・パスワードを忘れたら?ロック画面解除の方法 | 設定・初期化 ③

2018/12/01

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

初期化に備えてバックアップをとる方法

iPhoneのロックを解除する方法として、初期化するやり方を説明しました。

初期化した際にはiPhoneデータのバックアップをとっておかなれば、最新の状態で使えないので、日ごろからバックアップをとっておくのが重要です。

iTunesでバックアップ

iTunesでバックアップをとる方法は、すでに上記「iTunesを使って初期化」の項で説明しているので、ここでは補足のみしておきます。

下図のようにiTunesのバックアップ画面には、バックアップを暗号化するオプションがあります。これを利用すると、バックアップ全体をパスコードによって保護できることに加え、機種変更などで各種履歴を引き継ぐのに便利ですので、チェックを入れておきましょう。

「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックすると、パスワードが要求されますので入力し、パスワードを設定を選択します。

その後、上述のように「今すぐバックアップ」を選択すれば、いつでも手動でバックアップが可能になります。パスワードはメモするなどして必ず覚えておきましょう。

iCloudでバックアップ

続いて、iCloudでバックアップをとる方法です。

iCloudならばワイヤレスで自動的にバックアップされるので便利ですが、バックアップに利用できる無料のストレージは5GBのみで、容量をオーバーするとデータを完全にバックアップできなくなります。

そのため最新のデータの復元ができないケースがあるので、月額100円を支払ってストレージを20GBにするか、余計なデータをパソコンに転送するか削除してから復元を行いましょう。特に「フォトライブラリ」は膨大な容量を使っている可能性が高いので、注意が必要です。

iCloudでバックアップをとるには、まずデバイスをWi-Fiに接続し「設定」⇒「ユーザー名」⇒「iCloud」をタップします。

「iCloudバックアップ」を選択します。

「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認してください。その場でバックアップを作成する場合は「今すぐバックアップを作成」をタップすればOKです。ちなみにバックアップする項目はiCloudの画面から「容量」⇒「ストレージを管理」から設定できます。

バックアップのやり方については以下の記事でも詳しく解説しています。

iPhone機種変更時のバックアップとデータ移行、復元方法や準備のやり方 | LINE・Suicaに注意 | ボクシルマガジン
iPhoneを機種変更するたびに、データ移行で手間取りがちです。正しいやり方をしないとデータが消えるので、慎重に取...

いざというときに備えてバックアップは必須

iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合の対処法について解説しました。

パスコードを忘れてしまうと解除が非常に面倒なうえに、初期化した場合は大切なデータが消えてしまうことになります。そのため、定期的にiPhoneデータのバックアップをとっておきましょう。

基本的にパスワードの類はメモするなどして忘れないようにするのが原則です。セキュリティの面で単純なコードにするのは問題がありますが、自分が忘れづらいパスコードを設定することも重要でしょう。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP