iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

本日予約開始! iPhone XRを選ぶ理由 XSとの違いをチェック

2018/10/19

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

3モデルのラインナップとなった2018年のiPhoneシリーズ。3機種目の「iPhone XR」はちょうど1週間後の10月26日発売。本日19日、16時1分よりApple直販と3キャリアにて事前予約の受付が一斉に開始されます。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRという、似ているようで実は細かな違いがある3モデルの特徴をまとめました。自分にあったiPhoneはどれなのか、選ぶ際の参考になれば幸いです。

「カラフルなiPhoneが欲しい」なら絶対XR

iPhone XRシリーズの特徴はカラーバリエーションの豊富さ。背面のイエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー、そして(PRODUCT)REDという6種類をラインナップします。ブルー系やイエローのiPhoneが登場するのは2013年発売のiPhone 5c以来、実に5年ぶりのこと。「カラフルなiPhoneがほしい」という人には待望のモデルと言えそうです。

iPhone XR
iPhone XR
↑iPhone XRのイエローとコーラル

アップルいわく、背面はガラス素材を「7層にわたる着色プロセス」でカラーリングしたもので、側面フレームはアルミニウムに「航空宇宙産業で使われているものと同じグレードの酸化皮膜処理」を施したとのこと。

この説明、iPhone 8やiPhone Xの説明とほぼ共通の内容となっています。つまり、iPhone XRを想像するなら、iPhone 8の質感でポップカラーのiPhoneを思い浮かべると近いものになりそうです。

iPhone XR
↑(Product)REDはiPhone 8の同名色とよく似た雰囲気

XS/XS Maxはサイズで選ぶ

iPhone XSは2017年発売の「iPhone X」とデザインをほぼそのまま踏襲。iPhone Xと見分けがつかないほどです。カラーは新たに「ゴールド」が追加され、ゴールド、スペースグレイ、シルバーの3色のラインナップとなっています。

「iPhone XS Max」は画面サイズ、解像度、大きさ、重さ以外はiPhone XSと同等。そのまま拡大したものと考えるのが良さそうです。

iPhone XS / iPhone XS Max

大画面のiPhone XS Maxの方がディスプレイ解像度は高くなっていますが、画素密度は458ppiときっちり同じ。つまり、XS Maxは同じWebサイトなどを表示したとき、より多くの領域を表示できるというのがメリットになります。また、映画やマンガなど、大画面で表示できるコンテンツの鑑賞にも適しています。

一方、iPhone XS Maxのデメリットは片手操作で扱いづらいこと。そして208gと相応の重さがあることです。ただ、操作に関しては多分に"慣れ"の要素もありますので、使ってみたら慣れるだろうと期待すれば、目をつぶれるところかもしれません。

XRとXS/XS Max――違いは「ディスプレイとカメラ」

iPhone XRと、iPhone XS/XS Maxの大きな違いは、ディスプレイとカメラの2点。

有機ELディスプレイ搭載のiPhone XS/XS Maxに対し、iPhone XRは液晶の「Liquid Retina HDディスプレイ」を搭載。解像度や画素密度では1792×828ピクセル、326ppiと一段抑えたものになっています。

実際に使用シーンを考えると、iPhone XSとXRの画素密度の差を実感できるかは微妙なところですが、明暗差のある表現では違いが分かるかもしれません。

また、iPhone XRのベゼル幅はiPhone XS/XS Maxよりもやや太めになっています。そのため、サイズ感では"Plus"が付くiPhoneに近くなっており、重さも194gと重め。iPhone 8から機種変更するユーザーは、画面の大きさよりも本体の大きさや重さが気になるかもしれません。

iPhone XR

↑iPhone XRのベゼル幅はやや太め


機能面で大きな違いは、iPhone XRのメインカメラは「シングルカメラ」となっていること。これにより、光学ズーム(画角切り替え)の機能は利用できません。一方、これまではデュアルカメラのiPhoneでしか使えなかった「ポートレートモード」は、AI技術の投入によってiPhone XRでも使えるようになっています。

細かい点では防水性能の等級の違い(iPhone XS/XS Maxの方がより等級が高い=防水性が良い)やLTEの通信速度(iPhone XS/XS Maxは"ギガビット級LTE"をサポート)などもありますが、大きな違いはディスプレイ、カメラの2点。逆に言えばそれ以外の機能はほぼ共通なので、ディスプレイやカメラで妥協できるのであれば、iPhone XRは(相対的に)お買い得なモデルとも言えます。

"廉価"と言っても9万円超えのiPhone XR

iPhone XRは報道などで"廉価モデル"として扱われがちですが、それは同時に発表されたiPhone XS/XS Maxよりも相対的に安いという意味に過ぎません。Apple直販価格で8万4800円(税別)~と、Androidスマートフォンでも上位モデルの価格帯となっています。

ストレージ容量はiPhone XRは64GB/128GB/256GBをラインナップ。一方、iPhone XS/XS Maxが64GB/256GB/512GBのラインナップになっており、128GBがラインナップから外れ、iPhone史上最大の512GBが加わっています。

今後数年使うことを考えれば、ストレージ容量は多い方が良いのはもちろんですが、価格にダイレクトに反映してくる点でもあります。手頃感のある128GBという容量がラインナップから外れたのも、XS/XS Maxが"割高"と感じられる要因の1つかもしれません。

iPhone 2018 Price in Japan

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP