iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

パスワードを間違えすぎてiPhoneが使えなくならないようにバックアップは取りましょう!ぱーと1

2018/10/06

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

本日はiPhoneのパスワードを間違えすぎてiPhoneが使用できなくなったお客様の

iPhone6plusを初期化しましたが大切なデータが返ってくるようにバックアップは

しっかりおこなってください!!

そのためにも今回はバックアップの方法をご紹介します

 

 

iCloud でバックアップする方法

  1. デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。
  2. 「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択し、「iCloud」をタップします。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」を選択し、下にスクロールして「iCloud」をタップします。
  3. 「iCloud バックアップ」をタップします。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「バックアップ」をタップします。「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認します。
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップが終わるまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておいてください。

進行状況を確認し、バックアップが終わったか確認できます。「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」の順に選択します。「今すぐバックアップを作成」の下で、最後のバックアップの作成日時を確認できます。

 

iCloud バックアップで自動的にバックアップする

iCloud で毎日デバイスのバックアップを自動的に作成するには、以下の準備が必要です。

  • 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」がオンになっているか確認します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」>「バックアップ」の順に選択します。
  • デバイスを電源に接続します。
  • デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。
  • デバイスの画面がロックされていることを確認します。
  • iCloud のストレージにバックアップ分の空き容量が十分にあることを確認します。iCloud にサインインすれば、5 GB 分のストレージを無料で利用できるようになります。iCloud ストレージが足りなくなった場合は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac から有料でプランをアップグレードできます。

 

パソコンがなくてもiPhoneのみで設定できるのでいざという時のために取っておきましょう!!!

次のブログではiTunesでのバックアップ作成方法をご紹介します!!

パソコンをお持ちの方は、めんどくさいでしょうがiTunesでバックアップをとることをお勧めします(`・ω・´)

スタッフKaも基本iTunesからバックアップをしています!!!

iTunesのほうが隅から隅までバックアップができるので安心するんです(-_-;)wwww

これから暖かくなりお出かけシーズンになるので出先でのトラブルも考えてバックアップはしましょう!!!

夏は特に水没修理も多くなるほど水没が多いので要注意ですよ!!!

大事なデータが消えてしまわないように!!

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP