iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

【いよいよ今夜】新型iPhone(iPhone Xs)についてわかっていること・噂まとめ

2018/09/12

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

決まりました、決まりましたね!

何がって、Appleの発表イベントの日程ですよ! 今年は現地時間の9月12日10時、日本時間の9月13日2時からスタートです!

180830_all_about_iphone_2018_rumor_9
Image: Apple
発表イベントの招待状。昨年のiPhone Xには存在しなかった「ゴールドカラー」を示唆?

例年どおりなら、新型iPhoneが登場する秋の発表イベントですが、今年はどんなiPhoneになるのでしょうか? 一言でいうと、今年はスペックのアップデート重視になるみたいですが、おやおや、どうやら青とかピンクのカラバリ、Apple Pencil対応とかもあるかも?

この記事は発表イベントまで随時更新しております。

IPHONE-XS
Image: 9to5Mac

(2018年8月31日 12:50追記)Apple公式のものと思われる画像がリーク。ゴールドカラーはやっぱりあるっぽい。

今年は3モデルが発売:5.8インチ、6.1インチ、6.5インチ

180830_all_about_iphone_2018_rumor_2-1
Image: Ben Geskin/Twitter

年々ラインアップが増えつつあるiPhoneですが、今年も3モデルが登場するみたい。2つは有機ELディスプレイを搭載しており、iPhone Xの直系となる5.8インチ6.5インチの新型(リーク画像の2機種)。残り1つは液晶ディスプレイを搭載し、iPhone 8の直系となる6.1インチの新型。有機ELモデル=ハイエンドモデル、液晶モデル=普及価格モデルという位置付けです。これらの情報は、かなりの初期から今まで噂されているので、可能性としてはかなり高め。

(2018年9月7日 19:30追記)そしてまだ発表前にも関わらず、これら新型iPhoneのケースがウォルマートにて発見されちゃいました。どうやら見つかったのは6.5インチと6.1インチモデルのようですが、どちらもiPhone Xと比べるとより大きく、iPhone 8 Plusと並べるとトントン。今年の新型はちょっと大柄になりそうです。

デザイン:ホームボタンは完全に消える?

180830_all_about_iphone_2018_rumor_1-1
Image: Ben Geskin/Twitter

去年に発表されたのは、ホームボタンなしで未来感バリバリのiPhone Xと、ホームボタンのあるトラディショナルなiPhone 8/8 Plusの2デザインでした。ところが、今年はすべてのiPhoneからホームボタンがなくなり、ノッチと顔認証のFace IDつき。

この1年でノッチがすっかりコモディティ化したのもあるんでしょうけど、10年以上もスマホのインターフェースとして市民権を得たホームボタンがなくなるのはちょっと悲しげ。

つまるところ、「今年はiPhone Xみたいなデザインの新型が3つ出る」と覚えておいてもらえると理解しやすいかと思います。ちなみに、液晶ディスプレイでiPhone Xのようなフルスクリーンデザインを実現するのは難しいのですが、これには日本の技術が使われているとかむにゃむにゃ…。

名前:Plusはない?

180830_all_about_iphone_2018_rumor_8
Image: Apple

去年はiPhone 8(エイト)とX(テン)の2つのモデルが発表されてしまったため、今年のモデル名がどうなるのか気になっているのではないでしょうか。ナインはないん?ってね(なんか言いました?)。

BloombergAppleInsiderによれば、今年は有機ELモデルが「iPhone Xs」、液晶ディスプレイモデルが「iPhone」となる可能性があります。iPhoneとはつまり、iPadのように「〇〇世代」や、「〇〇年モデル」といった区分がされる見解。一方iPhone Xsでは、6.5インチモデルに「Plus」という名称を使わないとの話もあります。こちらもiPadのように「インチモデル」といった区分がされるのかもしれません。

(2018年9月7日 19:30追記)9to5Macからは、一番大きな6.5インチiPhoneの名称が「iPhone Xs Max」、VentureBeatからは6.1インチiPhoneが「iPhone Xr」と名付けられるとの情報も。どちらにせよ「Plus」は出てこずです。

(2018年9月10日 12:00追記)Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]によると、廉価な6.1インチモデルが「iPhone XC」、iPhone Xの後継機種が「iPhone XS」、大画面モデルが「iPhone XS Plus」となるとのこと。あれ、Plusモデルはなくならない?

カラバリ:6.1インチモデルは青・黄・ピンクカラーがあり?

180830_all_about_iphone_2018_rumor_3
Image: 9to5Mac

リーク画像にて、iPhone Xsにゴールドカラーが存在することが確認されましたが、いっぽう売れ筋モデルになると予想される6.1インチの液晶モデルには、青やピンクといったポップなカラーバリエーションがあると噂されています。報告しているのは、スマホ業界の有名リーカーであるSteve H.と、同じくApple関連の重鎮アナリスト、ミンチークオ

Steve H.によると、ホワイト、ブラック(スペースグレイ?)、グレイ(明るめのグレイ)、赤、青、黄、オレンジ、ピンクが検討されているとのこと。ミンチークオは、グレイ、ホワイト、青、赤、オレンジのカラーが発表されるとそれぞれ報告しています。色には若干の違いはあるのものの、青やオレンジといったある意味iPhoneらしくないカラーが多方から報じられている点では、信憑性が少し感じられます。

もし実現すれば、2013年のiPhone 5c以来のポップなカラバリになります。はて、5cはポリカーボネード素材だからポップな色味でも可愛いかったですが、金属ボディにピンクっていかがな雰囲気なのでしょうね。

180910_all_about_iphone_2018_rumor_8
Image: SLASHLEAKS

(2018年9月7日 19:30追記)6.1インチモデルらしき端末の写真がSLASHLEAKSに投稿されました。右のカラーは青だそう。鮮やかなブルーというより濃いネイビーっぽく、ポップすぎない落ち着いた色合いになりそうです。これはダミーモデルの可能性もあります。

180910_all_about_iphone_2018_rumor_9
Image: SLASHLEAKS

(2018年9月10日 12:00追記)続いて、SLASHLEAKSに6.1インチモデル(ここではiPhone 9と表示)のサイトらしき画像が投稿されました。ブルーの色味は、上の端末の写真と似ているようにも見えます。こちらについてもダミーモデルの可能性がありますが。

180912_iphone_2018_sim_tray-1-1
Image: Ben Geskin/Twitter

(2018年9月12日 12:00追記)Apple関連のリーク情報に詳しいBenjamin(Ben) Geskinさんが、6.1インチモデルのSIMカードトレイと思われる写真を投稿しています。これまた今までのカラバリのリーク画像とはちょっと違った色味です。また気になるのは、この画像に写っているSIMトレイが2つセットということ。もしかしたら次期iPhoneがデュアルSIM仕様であることを示唆しているのかもしれません。

 

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP