iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhoneの発熱についてι(´Д`υ)アツィー

2018/08/25

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

iPhoneが発熱してしまう主な原因

iPhoneに搭載されているCPUに負荷がかかり過ぎてしまっているのも原因の1つとして考えられます。

CPUはスマホを動かすための頭脳と言える部位で、この数値が高ければ高いほど快適に動作することができます。

データサイズの大きな動画や写真も早く表示できるようになったり、操作もサクサクとスムーズになったりします。

現在のアプリは複雑な処理が必要になるものが多いので、その分CPUにも負荷がかかりやすくなります。

たとえば、データフォルダ内に動画や写真、アプリなどが溜まりすぎているときは容量不足でiPhoneが発熱しやすくなります。

容量不足を解消したら発熱する回数が減ることもあるので、思い当たる人は試してみましょう。

次にiPhoneを充電しながら動画を見たり、ゲームアプリで遊んだりすることも本体が発熱する原因です。

大きなデータのやり取りはCPUに負荷をかけるので、処理能力の高いiPhoneでも熱くなってしまいます。

充電するときは動画やアプリを終了させて、充電中はなるべく操作しないようにしましょう。

また、iPhoneケースを使っている人も発熱しやすくなります。

iPhoneケースを使っている場合は、取り外して本体を冷ましてみることをお勧めします。

冷蔵庫には入れないで!iPhone6が発熱したときの正しい対応

iPhone6の熱を下げるために、冷蔵庫に入れて熱を冷まそうと考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、この方法はiPhone6の故障に繋がる恐れが大きいので、絶対にやめましょう。

発熱しているiPhone6を冷蔵庫に入れると、急激に冷えてしまうのでおすすめはできません。

「iPhone6の熱が取れるのだから冷蔵庫に入れてもいいのでは?」と疑問に思うかもしれません。

しかし、この方法はiPhone6の内部に結露を発生させてしまう危険性があり、故障にも繋がりますので他の方法を試しましょう。

食品用の保冷材で冷やすもの同じ理由でNGです。結露が発生してしまうと内部の基板がびしょ濡れになり、水没させたときと同じ状態になります。

iPhone6が発熱しているときは「長時間、起動しているアプリを終了させる」

「いらない写真や動画を削除する、もしくはSDカードやオンラインストレージを使って別の場所に移す」などをして、本体内の容量を増やしてみましょう。

また、CPUに負荷がかかっていて発熱していることも多いので、開きっぱなしになっているアプリを終了させるのも1つの方法です。

特にデータサイズの大きなアプリ、通信を頻繁にするアプリなどはCPUが常に稼働している状態なので、

本体も発熱しやすくなります。iPhone6が発熱しているときは「本体の容量を増やして、CPUへの負担を減らすこと」が、正しい対応と言えるでしょう。

 

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP