iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

「iPhone SE 2」はこうなる!?海外メディアが予測画像を公開

2018/05/15

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理、ケース販売店

I.C.C福山駅前店スタッフKaです。

 

iPhone SE 2」とも「iPhone SE (2018)」とも言われ、

発売時期やデザインについても情報が錯綜しているiPhone SEの後継モデルについて、

出回っている情報をもとに作成したイメージ画像を、携帯電話関係情報メディアPhoneArenaが公開しました。

 

発売は5〜6月?9月?デザインはiPhone X風?

iPhone SE 2」あるいは「iPhone SE (2018)」は、4月中旬にユーラシア経済連合に製品情報が登録されたことから、

5月か6月に発売されるのではないかと噂されていましたが、iPhone Xの後継モデルと同時に9月の発売になる、との情報もあります。
 
iPhone SE 2 PhoneArena
 
外観デザインについては、スマートフォンアクセサリーメーカーのOlixarが、

iPhone Xのようなフルスクリーンデザインを想定したガラスフィルム保護ケースの画像を公開し、

それぞれの製品の予約受付まで開始しています。
 
ただしOlixarが主張するデザインでは、本体、ノッチともにサイズが小さすぎるのではないか、と真偽を疑う声もあります。

 

顔認証はiPhone Xよりもシンプルな簡易版に?

一方で、iPhone SEはインドでの製造が始まるなど、

発展途上国の市場を拡大させる廉価版iPhoneとして位置付けられているため、

製造コストのかさむTrueDepthカメラの採用については疑問の声もあります。
 
iPhone SE 2 PhoneArena
 
PhoneArenaは、「iPhone SE 2」にフルスクリーンデザインが採用された場合、

ホームボタンでの指紋認証ができなくなることから、

顔認証が搭載されることになるものの、iPhone Xのような高度な3D顔認証ではなく、

シンプルな2D顔認証になる可能性もある、と推測しています。
 
ただし、顔認証用部品のコストを削ってシンプルにした場合、

写真で顔認証を突破される危険性もあり、プライバシーやセキュリティを重視するAppleがユーザー認証を簡単なものにするのだろうか?という疑問も残ります。

 

ワイヤレス充電に対応、イヤホンジャックは廃止か

また、「iPhone SE 2」の背面パネルがガラス製になり、ワイヤレス充電に対応する、との予測もあります。

PhoneArenaは、ワイヤレス充電対応は実現する可能性が高いのではないか、と予測しています。
 
iPhone SE 2 PhoneArena
 
2016年のiPhone7/7 Plusから始まったイヤホンジャックの廃止の流れは、「iPhone SE 2」に引き継がれるだろう、いうのがPhoneArenaの予測です。

 

本体サイズや重量、側面や天面のボタン類は現行iPhone SEを踏襲か

「iPhone SE 2」の本体サイズや重量は、現行iPhone SEのサイズ(123.8mm x 58.6mm x 7.6mm)と全く同じで、重量(113g)も同程度になると予測されています。
 
本体サイズが同じで、フルスクリーンデザインが採用されれば、ホームボタンがなくなるぶん、画面サイズは拡大することが考えられます。
 
現行iPhone SEの直線的デザインと、側面にある円形ボリュームボタンやミュートスイッチ、

天面の電源ボタンといった物理ボタン類は「iPhone SE 2」に引き継がれるだろう、とPhoneArenaは予測しています。
 
iPhone Maniaも「iPhone SE 2」のデザイン、スペック、発売時期について、独自に予想した記事を公開しています。

 

ぜひPhoneArenaの予測と読み比べてみてください。

 

 

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP