iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

『最新iPhoneに乗り換えるなら今がチャンスかも! iPhone修理とケース販売店I.C.C.福山駅前店』

2018/04/06

こんにちは!

iPhone修理とケース販売店I.C.C.福山駅前店』新人スタッフHです。

今日誕生日なんで誰か祝ってくれないかなープレゼント欲しいなー

駅前店はPM20:00までなんでお待ちしています!

 

さて今回は、auとsoftbankが行っている『2年後にスマホ返却で残債タダ』を4年縛りと問題視、公正取引委員会と総務省が調査へ入っていることが記事になっていたので、その問題につて書いていきます。

読売新聞社の報道によると、公正取引委員会が大手各社のスマホ販売方法について、格安スマホ事業者との競争を阻害していないか調査するそうです。


これはスマホ購入から実質2年後にスマホを買い換え、同じプランに再加入すれば端末代金の残額が無料になるプランが問題視されたもの。
ユーザーを4年以上囲い込みやすくなると懸念されることから、公正取引委員会は近く有識者会議を設置して大手などにヒアリングを実施し、今夏をめどに見解を示す報告書をまとめるほか、総務省とも連携するとしています。


ちなみに今回問題視されているのはauやソフトバンク。例えばauのアップグレードプログラムEXの場合、48回払いでスマホを買って2年後の機種変更時に返却すると残債はゼロに。要するにスマホ代が実質半額になるものです。

この前、機種変更しようとsoftbankショップに行ったときに支払は4年ローンで組んで、2年使ってみて機種変更したいと思ったら使っているiPhoneを下取りという形で返却しもらえると、残りの2年分の料金は払わなくて大丈夫だと教えてもらえました。

機種変更しようと思っている方には願ってもいないチャンスです!

このキャンペーンが問題になって終わってしまう前に変更してみてはいかがでしょうか?

 

将来さらに2年縛られることを前提に2年縛りを受けることになるため、実質4年縛りと言われても仕方がない部分がある大手各社の「実質半額」制度。
導入の背景には本体価格15万円に達するiPhone Xの登場や、長期利用者の負担引き下げを求める総務省の意向もあって導入された分離プラン「auピタットプラン」などで、スマホのイニシャルコストが高くなったことが挙げられ、キャリアの苦肉の策という側面も否めないのが現状です。


高齢化著しい日本において格安スマホが必ずしも消費者の求める答えではないこと、「縛られてもいいから最新のiPhoneをそれなりに安く使いたい」という層の存在を考えると、無闇に締め付けるのもどうかと思われますが、またしても国の施策でスマホ代が上がるのでしょうか。

 

おっと‼スマホ代が上げられるのは厳しいですよー

キャリアさんにはいろいろと頑張ってほしいものです!

 

月々の支払いがかさむと生活していくのも大変ですからね(-_-;)

新しいiPhoneを買ったらすぐに格安SIMを使えるように準備しないといけなくなりそうです。

SIMフリーにするのってちょっとめんどくさいですもんね(笑)

 

たまに駅前店にも「SIMフリーに出来ますか?」という問い合わせがありますが、SIMフリーにするにはお客様自身でしてもらうか、各キャリア店でやってもらうしかありません。

ごめんなさい…

ネットにも自分でSIMフリーにするやり方を書いたサイトが多数あるので参考にしてもいいですし、分からなければ自分が契約しているキャリア店に行って代行をお願いしてもいいですね。

でも、キャリア店だと代行手数料として3,000円(税別)がかかりますから覚えておいてください。

 

 

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP