iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

水没の故障って直りにくいんです。。。事前に防水性能をしっかり知っておきましょう!

2018/03/21

こんにちは!

広島県福山市のiPhone修理屋

I.C.C福山駅前店スタッフSです。(^^)/

 

今日はあいにくの雨なので、雨の日に起こりやすいスマホの水没についてお話したいと思います!!

iPhoneはすこしづつですが、防水機能が実施され始めてiPhone7から初めて防水機能付きと言われるようになりました。

がしかし、この防水機能。。。実は穴だらけなんです。。。

 

まず、防水性能にはいろいろな規格があるのですが、iPhone7に搭載されている防水機能は詳しく言うと生活防水です。

水の中に入れて耐えられるよ~ではなく、水が掛かっても耐えられるよ!というものだと認識して下さい。

ざっくり言いましたが、なぜちょっと自信ない感じに変わったかというと厳密にはiPhone7の防水機能はとっても弱くて、

 

まず15℃~35℃の常温のお水であること。

水深は1mくらいの浅い場所であること。

真水であること。

流動性のない穏やかな水であること。

 

などなど様々な条件があるんです!!!

こんなの洗面台に落としたとかそれくらいしか防止してくれません(笑)

稀にラーメンのスープに漬けてしまったというお客様がいらっしゃいますが、

これはNGということですね・・・

 

防水機能がうまく機能しないとこんな感じに水まみれのiPhone7に早がわりしてしまいます。

IMG_0036 IMG_0037

 

iPhone7の防水機能を支えているのは各種水が入る可能性がある場所。

スピーカー部分や充電口とSIMカードスロットなどはゴムパッキンで水の侵入を防止。

パネルの隙間には両面テープがくっついていてこれが水の混入を防いでいます。

ですが、ここにも穴が!!

 

まず両面テープですが、これは水と熱に弱いです。

iPhoneは夏場に熱くなりやすく、本体が熱を帯びるとこの両面テープの効力が薄くなります。

そして常日頃から持ち歩いていると汗や水が掛かったりで中の両面テープの粘着がどろどろになってしまうことが。。。!!!

この状況では水の侵入を防ぐことは出来ません。。

日常の使用方法によって、防水性は薄れるということですが、これに気づけるお客様は少ないと思います。

こんな方法で防水をしているので、当然Appleも自信がないのか水没端末の故障は保証対象外としてあります。

日本人としては劣化の少ない方法で防水を完成させてくれることを期待しますが、、、

 

そういう点ではノウハウを持っていた日本メーカーが好きだったんですけどスマホの開発に乗り遅れてしまってからは。。。

Appleさんには期待をかけてしまって申し訳ないですが完全防水お願いします!!!

 

それとちょっと宣伝ですが、防水グッズを店内で販売中です!!

防水ポーチ1防水ポーチ3 防水ポーチ2

 

こんな感じでジップロックみたいなケースにスマホを入れて使うタイプが一番売れています!!

お風呂場でも使えるので半身浴などで入浴時間がながい人にはおすすめです!!

iPhoneが水没して困ったら!!

I.C.C福山駅前店にご相談ください!!

アーカイブ
カテゴリー一覧

switch修理

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP