iPhone関連情報

iPhone修理のI.C.Cロゴ iPhone修理のI.C.C 電話問合せ iPhone修理のI.C.Cお問合せ iPhone修理のI.C.C マップ

iPhone修理ブログ

全てを見る

iPhoneXに変えるときバックアップを取るならスタッフKaはiTunesをお勧めします!!

2017/10/29

こんにちは。
広島県福山市のiPhone修理屋
I.C.C福山駅前のスタッフKaです。

 

続いてのバックアップ方法は「iTunes」編です!!

スタッフKはiTunes派です!!!

すこし、めんどくささはありますが・・・

バックアップを暗号化すると、バックアップ全体をパスコードで保護でき、さらに、メールアカウントやWi-Fiのパスワード、アプリに登録しているユーザーIDやパスワードなども保存されます。

LINEを利用しているなら、トーク履歴などを引き継ぐこともできますしアプリの設定を引き継げるようになるのでおすすめです!!

 

①iPhoneとPCをつなぐ

まずはiPhoneとPCをLightningケーブルで繋ぎましょう

②iTunesを起動する

③iPhoneをバックアップする

ウィンドウ左上にある、iPhoneのボタンをクリックします。

iTunes バックアップ

ウィンドウ左側の【概要】をクリック。すでに選択している場合もあります。

iTunes バックアップ

ウィンドウの右側を下にスクロールし、バックアップ欄にある【このコンピュータ】を選択。これで、次回から同期する際にiTunesでバックアップできます。

iTunes バックアップ

つぎに、右側にある【今すぐバックアップ】をクリックしましょう。

iTunes バックアップ

バックアップが始まると、ウィンドウ上に進行状況が表示されます。

iTunes バックアップ

暗号化するとバックアップできるデータが増える

暗号化することで、以下のデータもバックアップできるようになります。

  • iPhoneに保存したパスワード
  • Wi-Fiの設定
  • ウェブサイトの履歴
  • ヘルスケアに関するデータ

バックアップを暗号化する方法

バックアップする前に【iPhoneのバックアップを暗号化】にチェックを入れます。

iTunes バックアップ

暗号化のためのパスワードを設定します。これを忘れるとバックアップからiPhoneにデータを復元できなくなるので、設定・取り扱いには注意しましょう。

iTunes バックアップ

設定を済ませるとiPhoneのバックアップが始まります。

アーカイブ
カテゴリー一覧

iPad修理

Xperia修理

3DS修理

PSP修理

宅配修理

PAGE TOP